負の感情の時には行動しない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この世で一番やっかいなもの。

僕がこの世でもっともやっかいだと感じているものがあります。

「嫉妬」です。

人間の感情の中でももっともやっかいな感情だと思っています。

・あの人よりも…
・なんでよりによってあの人が…
・もっとあの人のように…

感じ方はそれぞれですが、人には嫉妬と言う感情があります。

嫉妬が成功に導くこともありますし、嫉妬が破滅に導くこともあります。

成功に導いてくれればいいのですが、残念ながら嫉妬の大半は、破滅に導いてしまいます。

では嫉妬により、成功に導く方法は?

簡単です。

「嫉妬を理解する」ということ。

今なぜ自分が嫉妬しているのか、を『客観的』に理解するんです。

そして、理解した上で、「負の感情を持っている時」には行動しないということが大切です。

破滅に導かれるパターンのほとんどが、嫉妬していることに気付かず、負の感情そのもので何かしら行動してしまっているからだと思っています。

彼女が自分と別の男と話している。それが自分といるときよりすごく楽しそう。

嫉妬心が生まれます。

そして負の感情が生まれ、そのまま彼女を責め立てます。

「あいつといるほうが楽しそうだ」と。

でも彼女からしてみれば、そういうわけではありません。

だから、彼女も抵抗する。

気付いたら別れていた。なんてことも聞いたことがあると思います。

大切なのは、嫉妬を理解する。

そして、「負の感情の時には行動しない」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*