断崖絶壁は「ただの絵」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一見して壁のように見えるものでも、実はそこには何も無い事があります。

・パソコンをサクサク操作したいけど…難しい
・インターネットから集客したいけど…自分のスキルでは…

具体的にはこんな悩みを抱えている人は実際に多いです。

実際にここには「出来そうにない壁」が存在しているわけですが、ここでいう「出来そうにない壁」というのは、「心理的な壁」が多いです。

現実にはない壁
ということです。

あるようで、ない

壁があるようで、現実的に壁は存在しません。

もしかすると、触ってみようとするとそれに近い感覚があるかもしれません。

ですが、実際に壁に飛び込んでみると、不思議なくらいすっと通り抜ける事が出来たりします。

所詮壁に見えているのは、目の錯覚であったり、心理的な錯覚でしかないことが多かったりします。

それがどんな断崖絶壁でも同じ。

目の錯覚、心理的な錯覚です。

一歩一歩確実に踏み出してみると、案外簡単に通り抜ける事が出来ます。

そこで初めてその断崖絶壁が「ただの絵」だった事に気付きます。

もしもあなたが現在の問題について「壁」を感じているのであれば、今回の内容を思い出してみてください。

壁はない
ただ「あると思い込んでいる」だけです。

ただの「絵」だという事を、思い込んでみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*