回数こなすほど危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

やればやるほど回数をこなせばこなすほどうまくいくこと。

やればやるほど回数をこなせばこなすほど危険なこと。

これから何かをやるんであれば、どっちがいいですか?

おそらくここだけ聞けば前者を選ぶと思います。

ですが、世の中でうまく行っていない人は、どうしても後者を選ぶ傾向にあります。

「そんな馬鹿な」と思われるかもしれませんが、実際そうなっています。

例えばパチンコ。

最初勝った快感を忘れられずに、ズルズルと回数をこなしていくと、だんだんと損をしていきます。

※逆の場合もあります。

パチンコ店のあのきらびやかな装飾キレイなお姉さんがコーヒーを運んでくれる。毎月新台キャンペーン。

どう考えてもパチンコ店は儲かっています。

みんながお金を使ってくれるから儲かるわけです。

パチンコ店が儲かっていれば、プレイヤーは損をします。

やればやるほど搾取されます。

FXや株もそうです。

ルールを作って、自分の感情に左右されなければ、勝てるゲームですが、トータルで負けているのであれば、回数をこなせばこなすほど、どんどん負けがかさみます。

怖いですね。恐ろしいですね。

どうせやるなら「回数をこなせばこなすほどうまくいくこと」をやりたいですよね。

具体的にはどんなことがある?

まずは「今やっていること」がどちらなのか?

考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*