人に教えれば早く覚える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事を早く覚えるコツ
について書いていきます。

仕事が早く覚えられれば、

・職場での評価が上がる
・人から認められるようになる
・馬鹿にされなくなる

など色んなメリットがあります。

僕自身も今回紹介する方法で仕事を早く覚えられるようになりましたし、今のスタッフも同じ方法で仕事を早く覚えてくれています。

仕事を早く覚えるコツ

ポイントはたった1つ。

・人に教えるです。

教わったことを人に教えることで教わったことの理解が深まります。

具体的にどうやっていくのか紹介しますね。

1 仕事を教わる
2 教わった仕事を友人や家族に教える
3 教えた友人(家族)が理解出来たらOK

この手順です。

全く知らない第三者があなたが教えたことによって理解出来ていないのであれば、あなた自身が理解していない可能性が高いです。

相手を理解させようと思ったら「理解しやすいよう」に教えますよね。

理解しやすいように教えるために復讐をしたり、色々調べ直したり準備をします。

その準備をすることで、自然と復習しているようになり、より理解力が深まっていくわけです。

「友人や家族が近くに居ない人はどうしたらいいですか?」中にはそういった人がいるかもしれません。

そういった方はステップを少し変更します。

1 仕事を教わる
2 教わった仕事を音声にとる
3 翌日まっさらな状態で音声を聞き直す

これでOKです。

友人家族の代わりに、あなた自身が聞き役として演じてみるんです。

ポイントは「すぐに聞き直す」んではなく「翌日まで引き延ばす」ことです。

翌日になっていれば、ある程度忘れたこともでてきます。

「ある程度忘れた状態」で音声を聞き直せば、当時のあなた自身がどのように理解していたかがわかるようになります。

で、「翌日の自分」にどうやったらわかるようになるか、を意識して音声をとることで、友人家族に話すことと同じ効果が得られると思います。

仕事を早く覚えるコツは、「人に教える」です。

教わる立場の人も、教える立場の人も、是非実践してみて下さい。

圧倒的に仕事を覚えるスピードが早くなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*