具体的にすればなんとかなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「事業がうまくいかないんです」そんな相談をよく受けます。

僕に相談したからといって必ずうまくいくとは限らないし、結局は自分の問題だったりするのでなんとも言いようがないんですが、なかなかうまくいかないな…
という方は、「難しく考えすぎている」という傾向がみえます。

例えば人事。

「良い人材が来ないんだよね」という悩みがあったとして、良い人材というのはどういった人材なのか?

そもそも「良い人材とは?」に答えられる人って少ないです。

まず具体的に「良い人材」とはどういった人物か?

を特定する必要があるわけです。

例えば、社内のAさんのような人材が欲しい。

と思っているのであれば、Aさんが、どんな仕事が得意で、具体的にどのようなことまでやってくれるのか?

それが明確になると、Aさんが「良い人材」と言えるようになるまでの経緯はどうだったか?

どんな教育をしてきて、どれくらいの時間がかかったのか?

もっとわかりやすくするためにはどんなことをすればいいのか?

より具体的にしていってみると、Aさんのような優秀な人材に育て上げることは可能です。

そうすれば採用段階で基準を満たしていなくても数ヶ月後にAさんのような「欲しいと言える人材」に育つものだと思います。

うちの会社でも人材採用には最新の注意を払っていますし、採用して失敗した。

という経験はないです。

これは人事に限らず、悩み事や問題に当たったら、「問題をより具体的にしてみる」という考え方で物事を見てみて下さい。

以外と小さな問題だったりしますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*