節約はするな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネットサーフィンをしていると、ふと、「サラリーマンの毎月の貯金額」を見る機会がありました。

サラリーマン平均…約700~1,200万円
30代サラリーマン平均…約200~400万円

という結果だそうです。

毎月支出を減らし、コツコツと「貯める」という習慣の積み重ねで貯金をしているようですね。

「お金を増やす」という概念

「貯金を増やす」という目的であれば、方法は2つ。

支出を減らす。
収入を増やす。

この2つです。

「収入を増やす」というと、投資をしたり、ビジネスをしたり、「プラスアルファで何かをする」という概念が強いかもしれません。

確かにその方法もあるという感じですが、何も「プラスアルファで何かをする」ことのみが「収入を増やす手段」ではありません。

例えば「支出を減らす」ということからも「収入を増やすこと」が出来るようになります。

支出を減らす⇒収入を増やす

どんなことをして支出を減らすのか?

おそらく1つは「節約」。

細かいことを言えば洗濯機の水をお風呂からとったり、外食を減らしたり、好きなものを買うのをやめたり…。

色々だと思います。

まぁ、「簡単に出来る節約」であれば、どんどんやったほうがいいと思うわけですが、費用対効果の悪い節約もあるわけです。

例えばタマゴの安売り。

いつもは徒歩で行けるスーパーに買いに行くタマゴ。

15キロ離れているスーパーで「いつもの半額で買える」というセールをやっていました。

そこで自転車をこいで、30分ほどかけてタマゴを買いに行きました。

いつもは100円で買えるタマゴがこの日は50円。

50円得しました。

これは、「費用対効果の悪い節約」です。

なぜか?

50円を節約するために、往復60分かけて行った。

これを時給換算すると、時給50円です。

いまどきそんなブラックな賃金契約を結ばせる企業はありません。

時給50円。

今時コンビニのアルバイトでも時給800円です。

何が言いたいかというと、時間帯効果を見た上で、節約になるのか、ならないのか?

そしてそれが継続することで、どんなメリットがあるのか、どんなデメリットがあるのか、トータルで見ることが大切。

ということです。

トータルで見るという視点だと、60分自転車をこぐ。

⇒ 軽い運動をすることで健康になる⇒ 病気になりにくい肉体になり、  病院代が浮く⇒ 病院に行く必要がなくなれば、  保険に入る必要もないこれであれば、たかが50円のバイトでも安くなりますよね。

少々話が脱線したような感じもいなめないですが…

時給換算でみればそれが安いか高いか一発で分かるし、より効率的になる。

効率的になれば、仕事も難なくこなせるようになるし、空いている時間でもっと別のことが出来るようになる。

というわけです。

ただ単に「支出を減らす」だけよりもそういう見方をしていけば、貯金って増えると思うんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*