3倍の努力をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

壁を突破するためにとても重要な考え方です。

3倍の努力という言葉は、僕の大好きな言葉です。

柔道家の「木村政彦さん」という方がいます。

『伝説の柔道家』と呼ばれている方です。

木村さんの著書「わが柔道」に「3倍努力」という言葉があります。

実際読んでみてほしい一冊です。

・15年無敗伝説
を作り上げた人ですし、あの力道山とも対戦した伝説の人です。

努力でなんとかなる

木村政彦さんは、とにかく努力が大好きで、「努力で何とかなる」という人です。

朝から晩まで柔道のことを考え抜き、ライバルに勝つためにはライバルの3倍の時間稽古をすれば絶対に負けない。

これを実戦されていたようです。

初めはライバルが3時間稽古をしていると聞きつけたら、6時間(2倍)していたそうなんです。

でも、「まてよ、自分がそう思うということは、ライバルも同じように2倍は稽古をするだろう」と思うようになり、「3倍なら誰も追いつけないはずだ」ということで3倍の努力を実戦されていたそうです。

努力は自信につながる

ライバルが3時間稽古
木村は9時間稽古

ライバルが6時間やっていたとしても、3時間の差があるから安心だ。

と全ての試合で「自信」につながったそうです。

自信にはつながったものの、それでも勝ちたい。
と強く感じていたので、さらに禅などを学んだそうです。

そして、ひたすら額に「勝」という文字が浮かび続けるまで座ったり、猛稽古を続けたそうです。

ここまでしたからこそ、木村政彦さんは「伝説の柔道家」になったわけです。

努力は逃げ道

努力しなさい、と言われると、

・苦しそう・難しそう・大変そうと思う人もいるかもしれませんが、実は一番簡単な方法です。

逃げ道
でもあります。

ビジネスで成功するためには、「運」「才能」「タイミング」など色々ありますが、

・運
・才能
・タイミング

というのは、引き寄せることは簡単ではないんですね。

例えば、

ライバルよりも運を引き寄せる。
 ⇒ 考えにくいです。

ライバルよりも才能を活かす。
 ⇒ 才能はひとそれぞれです。

ライバルよりもタイミングをつかむ。
 ⇒ ライバルも同じタイミングをつかみます。

どれも簡単ではありません。

でも、努力というのは、「自分が真剣に向き合った時間」ですので、「やればなんとかなる」わけです。

「運」「才能」「タイミング」とかに頼る必要がなくなるんです。

ライバルよりも3倍の努力をし続ければ、良くも悪くも必ず結果は出ます。

すごくシンプルなんですよね。

逆に努力をしなければ、「運」「才能」「タイミング」に頼るしかありません。

それではいつ成功するかわかりませんよね。

・成功したい。
・結果を出したい。
・夢目標をなとしても叶えたい。

という方は「3倍の努力」という言葉を思い出してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*