影響力は武器になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

何か商品やサービスを売ったり、セミナーを開催する場合、「影響力」というのは非常に大切です。

特に最近はこの「影響力」について勉強していますが、ちょっと気づいた事がありましたので、シェアします。

・あ、この本読みたいな
・この人の言ってる事には関心があるな
と直接会った事がなくても、初めて知ったような人でも、何かこの人には興味がそそられる…。

そんな経験ってありませんか?

僕はよくあるんですが。

そういった人は「2つの要素」があります。

【影響力のある人間になるための2つの要素】

1つ目は、「共感できる」です。

成功者の書いた本って、昔はこーだった、あーだった、ってゆー内容があると思うんですが、大抵の場合は「苦労した」ではないでしょうか。

この「苦労した」という部分に共感し、「自分もそうだった」とか「自分も現在そうなんだ」、と思われるようになります。

更に苦労のどん底からここまでやっとなれた。

といったストーリーが完成されて、その人の書いている事、言っている事に大きく引き寄せられるわけです。

・借金が〇千万あった・気持ち悪いと言われ続けた・才能がないと多くの人に言われた

そんな状態から「こうなった」という話を聞くと、すーーーっとしみこみやすいんですよね。

2つ目は、「成功話(大きくても小さくてもOK)」です。

例えば、

・フェイスブックで1週間で5000人友達が出来た
・ナンパで10人中8人を落とせます
・〇〇会社でトップ営業マンになった
とかですね。

僕もそうなんですが、大きくても小さくても、自分なりに成功を収めている人の発信している情報は、無意識の内に聞き入っています。

影響されないぞ。

って思っていてもどこか影響されています。

これら2つの要素
「共感できる」 + 「成功話(大小関係なし)」

これら2つの要素があるだけで、影響力のある人になると思っています。

どちらかが欠けてても、影響力はぐんと落ちます。

ただの成功者。

よりも、昔苦労していた成功者。

おそらく人は後者の人間の事を信用します。

後は見せ方だけですね。

僕はまだまだですが、それでも色んな人に影響していただけるような人間を目指します。

今日はここまで。

まとめ影響力があれば、商品やサービスを売る事が楽になります。

「共感できる」+「成功話(大小関係なし)」は最低限意識しておくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*