見込み客は100%読まない・100%信じない・100%行動しない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

色んな人からホームページ改善の相談を受けるんですが、その中でもダントツに多いのが、「アクセスはあるけど、お客様にならないんですよね」という悩みです。

ホームページの集客の悩みですね。

僕は仕事がら、ホームページを見たら一発でその原因がわかるんですが、知らない人の方が多いです。

これはホームページでもそうですし、人に教えるときもそう。

チラシでもタウンページでも同じことが言えます。

何に気をつけたらいいか?

「見込み客はあなたのことは全く知らない」だと思っています。

例えば、ホームページを提供している側からしてみれば、「連絡先はここにある」と知っていますし、「お問い合わせ先はここにある」ということも「当たり前のように」知っています。

ですが、見込み客からしてみれば、初めて見るホームページで、連絡先がどこか、お問い合わせ先がどこなのか、すぐにはわかりません。

提供しているサービスの良さも全く知りません。

効果の出ない広告は、「書いてあるから読むだろう」という認識から、ついつい「提供側目線」で広告を作ってしまいがちです。

・連絡先はわかるだろう。
・うちの強みはわかるだろう。

これでは反応なんて取れないです。

メンターは言います。

見込み客は100%読まない
見込み客は100%信じない
見込み客は100%行動しない

100%読まないから、読ませるためにはどうすればいいか考えるようになるし、100%信じないから、信じ込ませるためにはどうすればいいか考えるようになります。

そして、100%行動しないことを知っているからこそ、どこまでやれば行動するかを徹底的に考えます。

見込み客はミタ。ではなく「ミテナイ」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*