働くことが立派ではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2ちゃんねるで話題になった記事です。http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4583408.html

みなさんは「働く」という行為をどう思っていますか?

・働くことは立派
・働かないことは立派じゃない
世の中の風潮としては、働いていれば立派で、ニートのような働いていない人は立派じゃない。

という流れになっていると思います。

では、働いている立派な人が、「一生遊んで暮らせる金」が手に入った時に、同じように働き続けることが出来るでしょうか?

満員電車をギュウギュウ詰めの中出勤し、理不尽な上司の話にうちのめされ、「サービスではない残業」を続ける。

こんなことを続けることが「立派」だと言い続け、それでもやり続けることが出来るか?

自分のやりたいことをやり、仕事に誇りをもっていたとしても、「誰か」を犠牲にしてまで、やることが仕事なのか?

それを「立派」だと言い続けられるか。

働かずに何もせず、親のすねをかじり倒して、それでも文句ばかり言っている。

こういう無職は「立派」ではありません。仕事をしている人の方が立派でしょう。

ということよりも、「働く働かない以前の問題」だったりするのですが…。

では仕事をしている人の中でも、何が立派で、何が立派ではないのか。

ちなみに「立派」を辞書で調べてみると、「威厳があって美しいさま。堂々としているさま。また、非常にすぐれているさま。」だそうです。

おそらく「働く」「働かない」が立派とかそういう言葉で分けることよりも、自分の理念にのっとり、使命を感じて何かを行っていること
これを仕事としているのは、「立派」なんじゃないかと思います。

まぁ、そもそも論として、「働くことを立派とか立派じゃないか」の2択の内容ではない。

ということもありますけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*