ブログでSEO効果を高める4つのテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アメブロやヤフーブログ、その他色々な無料ブログが台頭し始めました。

活用していく中で、どんなブログを活用したらSEO効果が高いのか、どんな作業でブログが上位表示するのか、といった質問をよく受けます。

運営者のビジネスによって変わってきますので、正直やってみないとわからないことや、僕自身がホームページ以外でブログを運営していないので、偏った意見にはなると思いますが、以前やっていた方法でよかったこと、悪かったことをまとめてみようと思います。

どのブログサービスがオススメ?

僕自身以前はアメブロを活用し、収益があったのでアメブロをおすすめします。

ただし、運営者のビジネスよって変わってきます。

地域性が強いビジネスであれば、地域ブログを使ったほうがいいですし、全国的な知名度を上げたい、全国で展開できるようなビジネスであれば、アメブロでもいいと思います。

ブログごとに見込み客の層も違ってきますので、色々分析してみると面白いですよ。

ブログのSEO対策

SEO対策の本質については、以前書いた記事『SEO対策の罠』を合わせてお読みください。

今回紹介するSEO対策は、すぐにすぐ上位表示するわけではありません。

6ヶ月、1年以上かけて、じわじわと効果が出てくる方法です。

じわじわ効果が出てくるぶん、しっかり行っていれば十分な効果を実感できるようになります。

かなりオススメの方法なので、知らない、実践していないという方はぜひチェックしてみてください。

誰に何を伝えたいのか決定

まずは誰に何を伝えたいのかを決めましょう。

ビジネスであれば、見込み客が誰なのか?

主婦?30代女性?サラリーマン?
既婚者男性?20歳以下の若者?

ブログの場合はビジネスビジネスしなくても個人の趣味や趣向、考え方などをシェアする場所でもいいと思います。

ですが、「誰に何を伝えるのか」が理解出来ていないと、本当に個人的で収益性もゼロのブログになってしまいます。

有名人でもないような個人が書いたブログ
なんてあまり興味ないですよね。

誰に何を伝えたいのか?
は必要です。

アクセスの流入先を意識する

ブログにアクセスが流入するパターンは、大きく2つあります。

・検索エンジンからのアクセス
・同じブログサービスからのアクセス

・検索エンジンからのアクセス
GoogelやYahooなどの検索エンジンからのアクセスが見込めます。

検索エンジンからのアクセスはさらに大きく3つにわかれます。

1 トップページ
2 カテゴリページ
3 記事ページ

例えばこのブログのトップページは、https://dreamplanner.co.jp/zero1/
です。

カテゴリページというのは、https://dreamplanner.co.jp/zero1/category/seo
といった記事をまとめたページです。

記事ページというのは、このページのように記事が書かれているページのことです。
https://dreamplanner.co.jp/zero1/seo/seo-effect-3technique

この3つの流入先を意識するようになると、各ページのキーワードを意識するようになります。

例えば整体院のブログであれば、カテゴリページのキーワードは、「猫背矯正」。

記事ページのキーワードは、「猫背を自宅で簡単に矯正する3つの方法」といった感じですね。

色んなブログを見ていると、だんだんわかってくるようになります。

このようにキーワードを意識してくると、検索エンジンからのアクセスが見込めるようになります。

・同じブログサービスからのアクセス
結構見落としがちなのが、同じブログサービスからのアクセスです。

アクセスランキングなどに参加していて、上位に表示されてくるようになると、カテゴリにもよりますがアクセスがあります。

アクセスランキングのSEO対策
みたいなものですね。

ここは僕自身よくわかっていないので、ごめんなさい、割愛します。

余計な広告はなるべく外す

ブログサービスによっては、『ブログパーツ』といったアイテムがあります。

株価や天気予報、芸能人のランキング、ニュース、アクセス表示など、様々なブログパーツがあります。

ブログパーツはなるべく外したほうがいいです。

内容によっては、ページの表示速度が悪化したり、構造上SEOでマイナスに働くものもあります。

※コードを詳しく読めば分かる場合もあります。

ブログパーツは外しておきましょう。

記事はなるべくたくさん書く

おはようございます、今日もいい天気ですね。

これだけの記事が毎日書かれていても、あまり読みたくないですよね。

人が読みたくない記事は、検索エンジンが見ても評価されません。

特に検索エンジンというのは、以下の項目で上位表示の評価をしています。

・どんなコンテンツが書かれているのか?

・更新頻度はどうなのか?

・役に立つ記事なのか?

これらの情報を全て「文章」で判断しています。

文章とは文字情報のことです。

***********

おはようございます、今日もいい天気ですね。

***********

といった誰でも同じようなことを書いているだけでは、例え毎日更新していたとしても、

・どんなコンテンツが書かれているのか?

・役に立つ記事なのか?

には該当しないため、自然と評価は下がってしまいます。

記事はなるべくたくさん書きましょう。

文字数で判断されるかどうかはわかりませんが、役に立つ記事を書こうとするのであれば、自然と2,000文字近くになります。

多いから良い、少ないから悪い、わけではないのでその点は注意しましょう。

まとめ

ブログでSEO効果を見込める4つのテクニックは、1 誰に何を伝えたいのか決定
2 アクセスの流入先を意識する3 余計な広告はなるべく外す
4 記事はなるべくたくさん書くがあります。

まだまだ紹介したい内容はありますが、まずはこの4つを意識してみてください。

全く意識しない初心者よりも、少なからずSEO的に効果があり、アクセスも増えてくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*