相手に伝わる話し方 3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コミュニケーションを円滑に進めるためには、自分の伝えたいことをどれだけ正確に伝えられるか?

ということは重要です。

例え自分自身が理解できていることでも、相手が理解できていなければコミュニケーションは円滑には進みにくいでしょう。

良い人間関係を構築したいという方は特に伝え方を意識する必要があると思っています。

僕自身も今までブログを書いたり、セミナーを開いたり、色んな人にビジネスを教えてきました。

成功したいという人は一定の確率で成功させられるようになりましたし、社員にはよく話が分かりやすいとおだてられています。

もちろん僕も最初から相手に分かりやすく話ができていたわけではありません。

最初は話が分かりにくかったり、伝えられていなかったりしていました。

ですが最近ではある程度コツがわかってきたのか、多少他人にアドバイスができるようになってきました。

参考になるかどうかは正直なところわかりませんが、少なくとも今回書いた内容でコミュニケーション能力が上がったという人もいるので、相手に伝わる話し方を3つのポイントに絞ってシェアしようと思います。

相手に伝わる話し方 3つのポイント

1 タイプがあることを知っておく

まずは人には思考タイプが最低4つあることを知っておくことが大切です。

この人とは話が合わないな…

と感じる場合は、思考タイプが真逆の可能性が高いです。

聞いたことがあるかもしれませんが、大きく分けると右脳タイプ左脳タイプ
というやつです。

右脳タイプは直感的。
左脳タイプは論理的。

聞いたことがあるかもしれませんね。

それをさらにわけていきます。

4つに分かれます。

1 直感抽象的(右脳)
2 直感具体的(右脳)
3 論理抽象的(左脳)
4 論理具体的(左脳)
となります。

1 直感抽象的(右脳)
4 論理具体的(左脳)

このタイプは相性が悪いです。

直感で抽象的に伝えられても、論理で具体的に伝えられないと相手は理解できません。

逆もそうです。

論理で具体的に伝えられても、直感で抽象的に伝えられなければ、相手は理解できないのです。

2 直感具体的(右脳)
3 論理抽象的(左脳)

このタイプも相性が悪いです。

直感で具体的に伝えられても、論理で抽象的に伝えられなければ、相手は理解できません。

逆も一緒です。

大まかに4つに分けましたが、このタイプを知っているだけでも話し方が大きく変わってきます。

2 タイプに応じた伝え方をする

1 直感抽象的(右脳)

現実的ではないけれど、夢目標を語ることが得意です。

アイデアを出すことも得意です。

2 直感具体的(右脳)

人にこだわることが性質があります。

人との輪を重んじていているので対人関係が得意とされています。

3 論理抽象的(左脳)

抽象的ではあるものの、計画を立てることが得意な思考です。

4 論理具体的(左脳)

計画したことをコツコツと続けていくことが得意です。

マニュアルを作ることが得意な思考です。


全てが揃っている人は珍しいですし、全てが全くないという人はいません。

・どれか1つが多い
・2つそろっている
・3つそろっている色んなタイプの人がいます。

これらを総称して「個性」と呼ばれています。

相手の個性を見抜き、相手の個性に会った話し方をすれば、伝わりやすい話し方になってくるはずです。

1 直感抽象的(右脳)
4 論理具体的(左脳)

を例に出します。

これらの思考タイプは真逆なので、お互い理解しにくいのが特徴です。

4 論理具体的(左脳)
が細かいマニュアルを作りました。

本人はこれで完璧!と思って、1 直感抽象的(右脳)
のタイプに見てもらいました。

1 直感抽象的(右脳)
はパッと見た瞬間に理解不可能であれば、「わからにくい」と感じるだけです。

4 論理具体的(左脳)
からしてみたら、細かく細かく問題は100%回り込んで書いたマニュアルだと思っていたのに、落胆してしまいます。

最高のマニュアルとは、パッと見ても分かりやすく、読み込んでいくとさらに理解が深まるというものです。

話し方でもこれは応用できます。

いくら理論立ててコツコツ
話をしていたとしても、パッと聞いた瞬間に何が言いたいのかわかっていなければ1 直感抽象的(右脳)のタイプは話を聞こうとしなくなってしまいます。

3 自分は消す

特に大事なことです。

話を分かりやすく伝えたい場合は、自分の個性を理解した上で相手との個性と真逆の場合は、自分の個性を消す必要があります。

相手の話がうまく理解できないのも、話が相手に伝わらないのも、自分の個性で話をしているから
なのです。

個性が一緒のタイプであれば個性をより発揮して話をすればいいですが、真逆の場合は消してみてください。

相手の個性を読み取り、相手の個性に会った話し方をするのです。

そうしないといつまでたっても話は平行線、前に進みません。

まずは自分を消すように努力してみましょう。

伝わる≠行動

伝わったからといって相手が行動するかどうかは別の話です。

例えば社長が社員にどれだけ分かりやすく話をして相手にも高い確率で伝わったからといって、社長の思い通りにはことは運びません。

100%伝えたと思っていたとしても、相手がその通りに行動するかは別なのです。

伝わったけれど行動はしてくれないのです。

この話はまた別の話なので省きますが、ここで言いたいのは、伝わらなければ何も始まらないということ。

そして、伝わっていないと勘違いしないことです。

相手にわかりやすく伝えるということはスタート地点に立つことであり、ゴールではありません。

行動してもらうために最低限必要なことなのでまずは毎日トレーニングしてみましょう。

トレーニングしたいという方はこの商品がオススメです。

 → https://dreamplanner.co.jp/zero1/homepage-dvd

特典で付いているコミュニケーション力を上げるフラッシュカード(非売品)

で一発で相手の個性を見分けることができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*