わかりやすく伝えるテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人に説明していても、なぜか相手が理解してくれないことがあります。

今日は、「わかりやすく伝えるテクニック」を書いていこうと思います。

これは僕の会社で実際にあったことです。

—————————-

僕:テストどうだった?
新人:うーん、あまりできませんでした。

僕:なんで?
新人:単語の意味がわからないんですよ。

僕:例えばどういった単語?
新人:概念ってどういう意味ですか?

—————————-

僕の会社では新人教育でテストを行っています。

そこでのシチュエーションですが、その新人さんは「概念」という言葉が理解できていなかったので、テストがうまくできなかったということです。

そこで、テストを作った人に、聞きました。

僕:「概念」ってどういう意味ですか?
相手:うーん、、、(1分経過)

おそらく本人は「なんとなくわかった気」になって「概念」という言葉を使っているということがわかったわけです。

ここでわかることは、使った本人がうまくわかっていないのに、相手が理解できるはずもないということです。

相手に理解してもらうためには、まずは話している自分自身が「単語の意味」を理解しない限り、相手も理解できるわけないです。

伝え方のテクニックって色々あるんですが、その前に「使っている日本語の意味」くらいは100%理解しておいたほうがいいですよね。

日本語って難しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*