わかりやすいとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

・わかりやすい・わかりやすく話す
・わかりやすく伝える

伝える立場の人からしてみれば、『相手にわかりやすく伝えること』というのは1つのテーマだと思います。

かくいう僕自身も、わかりやすさを重視して伝えてきています。

わかりやすければ伝わりやすいですし、相手も行動しやすくなると思っています。

わかりやすいとは?

「わかりやすい」とはいったいどういうことでしょうか?

辞書で調べてみました。

平易で、理解することが簡単である。

weblioより抜粋

確かにその通り。
と言わんばかりの説明でした。

※そもそも「平易」という単語自体が、「わかりやすい」という意味だそうです。

ではどうやったら平易で理解することが簡単になるようになるのか?

僕はよく人から「わかりやすい」と言われているので、参考になるポイントを1つ紹介します。

「100%●●」という前提で伝える

僕は基本的に、相手は全くの初心者だという認識で伝えるようにしています。

初心者というのは、・100%知らないことであることが大前提です。

だからこそ、専門用語は使わないようにします。

出てきたとしても、その時点で細かく説明をして、話の続きを聞きやすいようにしていきます。

次に、・100%忘れてしまうという前提で伝えるようにします。

人間の脳というのは、そんなに色々記憶できるものではありません。

朝起きてからテレビを見たり、看板を見たり、人と話をしたり、ご飯を食べたり、スケジュールを埋めたり、仕事をしたり、トイレに行ったり…

日々記憶することは盛りだくさんです。

ということは、伝える側が「どれだけシンプルに伝えるか」ということが重要になります。

シンプルでなければ伝わらない。

・100%忘れてしまうという前提で伝えようとするから結果シンプルになっていきます。

そして、・100%行動できないという前提で伝えるようにします。

伝えることの目的は、行動を変えることだと思っていますので、どうやったら行動まで変えられるのか?

を常に意識するようにしています。

言葉だけでいい場合もあるかもしれません。

でも時には、マニュアルが必要かもしれません。

時には、身体を動かすことも大切かもしれません。

五感をフル活用しなければ行動できないかもしれません。

・100%行動できないと認識しているからこそ、よりわかりやすくなるのかもしれません。

まとめ

かなり哲学的になってしまうとは思っていますが、わかりやすいとは、相手の行動を変えられること。

だと思います。

もちろん、ただわかりやすくなるということも大切かもしれませんが、結果的に相手の行動を変えられなければ、いくらわかりやすくても意味がないわけで、そこにフォーカスしないかぎり、本当の「わかりやすさ」というのは、わからないのではないかなと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*